秋山製作所 シャフト・クランクシャフト製造 まるく削るプロフェッショナル
 
サイトマップ お取引について お問い合わせ
トップページ 品質へのこだわり 匠の技:技術情報 逸品:製品情報 実績:解決提案 充実:設備情報 会社案内
 

トップ > 会社案内 − 現場の叫び〜社長と社員の声〜

 
 
現場の叫び〜社長と社員の声〜

2004.03.02
う〜、見えない
最近、どうも目が見えない。少し離れただけなのに、かなりぼやけてくる。何の取り柄も無いおいらだが、視力だけは良かった。昨年の人間ドックでは、両目とも1.2だった記憶が。

それが今年の人間ドックでは、なんと右目0.2、左目0.7である。先日済ませた運転免許の更新では、なんとか両目で0.7はクリアしたものの、やはり見えない。

昨日、近所のメガネ屋さんで見てもらうと、右目0.2、左目0.3の乱視という結果で、とうとうメガネを購入するハメに。

こうなった原因は、PCである。PCが無ければ何の仕事もできない状態になってしまっている今となっては、視力の衰えも不可抗力なのか?そうは言っても今の時代、目に優しいモニターくらいあっても良さそうだが。

女房殿に「視力が落ちるから50インチの大画面ディスプレーを買ってくれ」と頼んでみたものの、結果は皆さんのご想像の通り。いつの日か、100インチくらいの大画面で離れたところでPCを操作する日がくるだろうか?目に優しいディスプレーが開発されるだろうか?いずれにしても待ち遠しいものである。どちらにしても購入するには、女房殿を説得するという難行が待ち受けているのだが。

皆さんに誤解の無いようにお伝えしておくが、おいらにメガネを買ってくれたのは、心優しい女房殿である。最近、どうも親近者にこのWEBサイトのファンが多いようでやりづらいなって感じです。そんなおいらへの励ましのお便り期待しています。

 

 



サブメニュー

  ポリシー(品質最優先)
  会社概要
  社長プロフィール
  過去ログ〜社長のつぶやき〜
  現場の叫び〜社長と社員の声〜
  メディア取材・講演等
  リンク集